2006年01月

技能検定

1月27日に石材加工技能検定の実技試験が行われました
練習会やトライアルに参加した事もありまして様子を見に行きました
とはいえ国家資格の受験なので会場立ち入りは出来ませんので
終了時間に合わせて受験者の労をねぎらいたいと思い行ってきました
加工風景は見れませんでしたが皆さん日頃の練習の成果をフルに
発揮できたことを願います結果はまだ神のみぞ知るといったとこですが
皆の合格をお祈りしてます

その後夕刻に埼玉県石材業協会青年部4月総会に向けての打ち合わせ
のスタッフ会議を熊谷にて行い来年度の事業計画や予算組み
について夜が更けるまで議論をいただきました
その後協議終了後かいちょーと数名で夜の街を日付が変わるまで散策し
見聞をひろめたとさ

最近世間では経済状況について踊り場をとおりすぎたとか上向き傾向と
言われてますがわが社周辺ではまだまだ厳しい状態が続いています
といっても遊んでもいられないのでに原石を仕入れて加工したりしてます
107_0773.jpg

経費的にはあまり割に合わないのですが納得の行く仕事が出来ますので
機械を回し続けて加工もつづけていきたいと思います

1月新年定例会

元日以来半月もご無沙汰してしまいました申し訳ありませんすいません
決して調子が悪かったり仕事が忙しかったわけでもありません
ただ正月休みのぐーたら気分が抜けなかっただけです
小正月も過ぎましたし気を引き締めてまいりたいと思います

今日は阪神淡路の震災からちょうど11年目の日です
どんな地域でも震度7クラスの地震が起きると大変な被害を被ると思われますが
特に都市部での被害については過去の例から甚大になります
私たち(埼玉県石材業協会青年部)の生活のベースとなる関東では
30年以内に震度7以上の地震が起きる確率は70%以上あるそうです

そうした中もしもの場合わたしたちの仕事の墓石業界はどうなってしまうのか
どう対応したらよいかについて『大地震がきた・どうする?』と銘打ちまして
パネルディスカッション及びテーブルディスカッションを開催いたしました
1月10日というまだ新年早々の集まりにかかわらず40名以上の参加を頂き
会員のみなさんの関心の深さを感じました
パネラーには墓石業界における地震調査研究に造詣の深い4かた
川口市㈲小川石材店小川長四郎様・石文社中江庸様・日本石材産業
地震調査委員黄金井石材中村典正君そして今回特に先の新潟中越地震で
被害にあわれて復旧を体験された新潟県より吉運堂吉田竹史様にお願いして
行いましたコーディネーターは初代会長の吉岡秀一さんです

107_0732.jpg


パネラーの皆さんのお話伺い被災直後どんな事が起きるか各地の事例を実際に
現地で見聞きした生の情報や特に被災された新潟での吉田さんのお話は臨場感があり
書物からはうかがい知れない現場のご苦労をお話いただけました
少々時間が少なく皆さんのお話が十分聞けなかったのが残念でしたが
久しく地震の被害を受けずすごしてきた私たちにとっては
危機管理を考えさせる十分な啓蒙になったと思います

その後8テーブルに別れテーブルディスカッションに移りましたが
長文になりましたのでまた次回お知らせします
とりあえずの1月定例会レポートでした

最後に参加いただいたパネラーの皆様お忙しい中、誠にありがとうございました

謹賀新年

祝やったぜ優勝!浦和レッズ
25年ぶり天皇杯戴冠乾杯うるうる
あの悪夢のJ2落ちから隔世の感ありです
2004.jpg

この昇る初日の勢いにあやかりたいものです
ご挨拶が遅くなりましたが
このブログをごらんいただいてる皆様明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします
ここ数年恒例にしております初日詣で今年も行ってまいりました
上記のように綺麗な初日といいたいところですが
今年は雲が厚くこんな感じでしたが
2006hatuh2i.jpg

私どもそして皆様のご健勝ご多幸を祈念して拍手を打ってまいりました
世界中で笑顔あふれる年になりますように拍手

記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ